So-net無料ブログ作成
検索選択

清水公園でフィールドアスレチック♪ [家族]

先週末は
千葉県野田市の清水公園へ行って来ました。

場所はこちら


HPはこちら→クリック

この公園は本格的なフィールドアスレチックが楽しめるんです。
入り口ではすでに行列が。
IMGP8802.jpg

料金です。
IMGP8804.jpg

公園の全体図です。
IMGP8921.jpg

今回行ったアスレチック施設は公園の一角に設置されています。
結構ハードな内容なので準備運動やストレッチは必須。
IMGP8875.jpg

いきなりこんなのが。
IMGP8813.jpg

ぼくは思いっきり落ちました(笑)
ちなみに入場時にはしっかりとしたボディチェックが行われ、
サンダル(クロックスも)や厚底シューズはNG。
濡れるため着替えを持参することといった事前確認が行われます。

ファミリーコースからチャレンジです。
IMGP8823.jpg

これがロープや壁を伝ったりするので
腕力がかなり鍛えられます。
IMGP8827.jpgIMGP8832.jpg

身軽な子供たちは
するりするりとこなしていきます。
IMGP8837.jpg

難関の一つ
アリ地獄。
すり鉢状の壁面を3周走ります。
IMGP8852.jpg

そして午後からは水上コースにチャレンジです。
ここは完全に濡れることを前提に楽しみます。
見学だけはNGという本格派。
IMGP8890.jpg

かなりの人が水中に落下してたスパイダーマン
IMGP8885.jpgIMGP8886.jpg

成功~♪
IMGP8887.jpg

シューズが壊れました(笑)
IMGP8892.jpg

水上のロープウェーは結構こわい。
IMGP8894.jpg

ずぶぬれになるボート
IMGP8901.jpg

そして最難関?の
板渡り。
ぼくは途中で失速して、ボッチャーン!(笑)
水深130cm。ずぶ濡れです・・・。
IMGP8903.jpg

一日中満喫しました。
IMGP8930.jpg

年齢にかかわらず遊べる
素晴らしい施設です。
おススメ!


蒔絵のスペシャライズド♪ [バイク]

久しぶりの自転車ネタ。
自転車通勤の途中で珍しいバイク発見。
すごく渋いバイクなので
ちょっと撮影させてもらいました。
IMGP8965.jpg

全体がこれ。
tokyobig720.jpg

日本の蒔絵を再現したのか
ものすごく渋い!
IMGP8966.jpg

バイクのメーカー名も
specializedじゃなくてスペシャライズドとカタカナ表記なんです。
09lagstertokyotop.jpg

街中でもなかなか目を引きました!


寄り道帰省してきました(その8 日田) [旅行]

帰省の残りの日は
日田で過ごしました。
従弟たちが集合して野球大会やったり
IMGP8691.jpg

小川でカニ捕まえたら
IMGP8695.jpg

うわ~。
あかちゃんカニを抱いてるよ~。
IMGP8697.jpg

ぼくが毎年行くお寺ではお堂で
大きな数珠を回すんです。
IMGP8699.jpg

夜店でみんなでパチリ。
IMGP8737.jpg

東京に帰る日。
おお、子連れの暴走族・・・(笑)
IMGP8749.jpg

空の旅!
IMGP8752.jpg

気持ちいい。
快晴でした。
IMGP8753.jpg

富士山の頂上が。
いつかは登ってみたいです。
IMGP8755.jpg

乗ってきた777を前に。
IMGP8759.jpg

長い夏休み
終わってみるとあっという間。
すっかり休みボケした体に鞭打ち
夏の後半を乗り切ろう!!


寄り道帰省してきました(その7 雲仙普賢岳) [旅行]

長崎での2日目です。
あ、その前に
この日記で200記事。お付き合いいただきありがとうございます♪

グラバー園の開園40周年記念ということで
記念ラッピングされた路面電車が走っていました。
IMGP8578.jpg

通常バージョンがこちら。
IMGP8583.jpg

そしてレンタカーを借りて
雲仙普賢岳に行きました。
場所はこちら


市内から約70km。
見晴らし台に行ったのですが、
そこには荒々しい山が広がっていました。
近くは立ち入り禁止エリアがたくさんあります。
IMGP8585.jpg

ふもとの『みずなし本陣道の駅』に行きました。
ここの敷地内にはすぐそばの水無川を流れ下った土石流で埋もれてしまった家屋が
そのままの状態で保存されています。
IMGP8605.jpg
IMGP8606.jpg
IMGP8613.jpg
IMGP8614.jpg

噴火前と噴火後の比較写真です。
IMGP8615.jpg
IMGP8616.jpg

IMGP8646.jpg
IMGP8648.jpg

その後は雲仙普賢岳災害記念館に行きました。
通称『がまだすドーム』です。
IMGP8621.jpg

大人1000円。
IMGP8625.jpg

ここの展示はよく練られており、
コンパニオンが上手に説明してくれます。
撮影は出来ませんでしたが巨大スクリーンで上映される
火砕流と土石流の記録映画は弩迫力でした。
子供たちはかなり怖がってました・・・。

火砕流で焼けただれたカメラ
IMGP8630.jpg

火砕流の速さを体験することが出来る床の展示。
赤い光が時速100kmで駆け抜けていきます。
一瞬のことでその恐ろしさが良く伝わります。
IMGP8634.jpg


火砕流と土石流が流れた様子。
ボタンを押すと模型がライトアップされ、
それぞれの被害箇所が分かるようになっています。
IMGP8638.jpg
IMGP8639.jpg

災害から14年たって発見されたテレビカメラ。
奇跡的に映像は残っており
亡くなった方々の最後の声や姿が映されていました。
IMGP8644.jpg
IMGP8645.jpg

実際には危険な個所に
無理やりテレビカメラを設置し、
映像撮影を強行したマスコミによる二次被害もあったとのことでした。

ここは
あの災害を風化しないよう的確にまとめられている
素晴らしい施設と感じました。
長崎にお越しの際はぜひお勧めします。


一歩施設の外に出ると巨大竜馬像が。
日本代表ジャージを着ています(笑)
IMGP8652.jpg

お昼ご飯は
郷土料理の『きゅうべい』をたべました。
芋の粉を小麦に混ぜて麺状に伸ばしたもの。
素朴な味です。
IMGP8602.jpg

その後は島原城へ。
名古屋城-犬山城-大阪城-姫路城につづく
今回の帰省で5つめのお城です。
IMGP8654.jpg

IMGP8655.jpg

入口はこんな感じ。
IMGP8663.jpg

時間が無く天守閣には登りませんでした
IMGP8661.jpg

そして島原をあとに。
国見ではサッカーボールの形をした
照明灯が。
IMGP8668.jpg

次は有明フェリーに乗ります。
IMGP8669.jpg
IMGP8672.jpg
IMGP8677.jpg

つづく。

寄り道帰省してきました(その6 長崎) [旅行]

長崎で伊王島に行ってきました。
場所はこちら。


ここは一昨年は船で渡ったのですが
橋が開通しており車で渡ることが出来ました。
IMGP8448.jpg

すぐに岸壁で釣りをしました。
おじいちゃんが作ってくれた仕掛けを海に入れた瞬間に
わ!
一斉に魚が寄ってきます。
IMGP8453.jpg

入れ食い状態。
IMGP8458.jpg

じゃんじゃん釣れます。
IMGP8464.jpg
IMGP8461.jpg

たった30分ほどで
こんな状態。
IMGP8472.jpg

砂浜へ移動して
IMGP8483.jpg

海水浴
IMGP8520.jpg

従弟とあそんだり。
IMGP8529.jpg

子供たちも大満足!
IMGP8564.jpg

日帰り温泉施設もあり、
伊王島、おススメです!


寄り道帰省してきました(その5 姫路城) [旅行]

大阪を後にし
次に降りたのは姫路駅。

駅からその先に見えるのは・・・
白い!!!美しい!!!
IMGP8408.jpg

レンタルサイクルを借りて向かいます。
これ無料なんです。
IMGP8297.jpg

到着!姫路城です。
IMGP8299.jpg
IMGP8379.jpg

入城料は400円。
姫路駅前から城内まで官兵衛一色です。
IMGP8302.jpg

平成の大改修が大詰めを迎えており
外壁が見事な白色に塗り替わっていました。
IMGP8304.jpg

場内の案内図。
残念ながら改修が終わる2015年3月までは
天守閣に登ることはできません。
2013112511193.jpg

るの門です。
IMGP8308.jpg
IMGP8309.jpg
IMGP8310.jpg

石垣がほぼ垂直に切り立っており
きれいなカーブを描いています。
IMGP8313.jpgIMGP8314.jpg

天守閣のシャチホコは
改修のたびに作り替えられており
現在は6代目。
古い2つは現存していないそうです。
IMGP8316.jpg
IMGP8320.jpg

こういうところにも優れたデザインが。
縦長の四角は弓用。
ほかは鉄砲用だそうです。
IMGP8330.jpg
IMGP8327.jpg
IMGP8328.jpg
IMGP8329.jpg

振り返ると優美な姿。
IMGP8345.jpg

場内をぐるりと取り囲む
百間廊下を見学しました。
IMGP8353.jpg

消火栓も内部の仕上げにあわせて木調。
IMGP8348.jpg

千姫の再現。
IMGP8360.jpg

城の外には
天守閣を支えた巨大な心柱が保存されていました。
IMGP8374.jpg
IMGP8376.jpg

この姿は今しか見ることが出来ません。
次は50年後?
IMGP8390.jpg

ほれぼれするほど美しい城です。
改修が完成したらまた来ますネ!
IMGP8401.jpg

姫路城をあとにし、
駅前のユニクロに行ったのですが
おお、エスカレーターは右側に立ってる・・・。
IMGP8409.jpg

そして今度は新幹線に乗ります。
IMGP8412.jpg
IMGP8411.jpg

あっという間の3時間で博多に。
IMGP8416.jpg

駅前の駐輪場。
すごく丁寧な案内です。
IMGP8418.jpgIMGP8417.jpg

夕食はこれ。
博多と言えばとんこつラーメン。
一幸舎。
IMGP8423.jpg

めちゃウマでした。
IMGP8422.jpg

少し時間があったので
新しくなった駅ビルへ。
IMGP8424.jpg

屋上が開放されていて
すごくいい雰囲気なんです。
カップルや若者がたくさん。僕は浮いてました(笑)
IMGP8432.jpg

またまたつづきます。


寄り道帰省してきました(その4 大阪城) [旅行]

大阪での夜は
ホテルで早々にビールで撃沈でした。
朝、お世話になったホテルを後にします。
IMGP8152.jpg

台風一過、強烈な日差しです。
IMGP8154.jpg

ホテルから今日の目的地の大阪城までは約1.5km。
のんびりと歩きます。
大阪府庁に
IMGP8157.jpg

大阪府警察
IMGP8160.jpg

大阪城公園に入ると
大手門がまず出迎えてくれます。
IMGP8164.jpgIMGP8165.jpg

根元が腐食で接ぎ木をしているのですが
その組み合わせ技術がすごい。
どうなっているの??
IMGP8166.jpg

いたるところに巨石があります。
IMGP8174.jpgIMGP8175.jpg

ねこ♪
IMGP8177.jpg

礎石技術が見事です。
IMGP8186.jpg

どーん!!
迫力ある天守閣が眼前に。
IMGP8204.jpg

朝早かったので入場待ちの行列が出来ていました。
IMGP8205.jpg

入城料は600円。
IMGP8206.jpg

入城する通路にはドライミストが噴霧されていました。
IMGP8209.jpg

大阪城は豊臣時代の天守閣を再現したRC造。
内部はこのような螺旋階段です。
もちろんEVもあります。
IMGP8210.jpg

天守閣からのながめは絶景。
IMGP8212.jpg
IMGP8217.jpg

あ、アベノハルカス!
IMGP8224.jpg

各所の造形が見事。
当時のオリジナルを見たいです・・・。
IMGP8214.jpg
IMGP8215.jpg
IMGP8216.jpg

パノラマ撮影。
IMGP8227.jpg

過去の天守閣と比べると
なんと現在の天守閣が一番長命だそうです。
IMGP8240.jpg

IMGP8244.jpg

威容。
IMGP8256.jpg

青空に映えます。
IMGP8259.jpg

大阪城公園はお濠の周りがランニングコースになっていて
学生の団体がトレーニングしていました。
IMGP8260.jpg

大阪城ホールでは
ディズニーオンアイス。会場はすごい数の親子連れがいました。
IMGP8266.jpg

大阪城公園駅でJR環状線に乗ります。
IMGP8275.jpg

ホームが広い。
IMGP8278.jpg

そして大阪駅へ。
大屋根が見事です。
IMGP8281.jpg

かっこいい!
これなんという列車?
IMGP8285.jpg

そしてJR神戸線に乗って移動です。
官兵衛の看板付。
IMGP8291.jpg

おお、気になる~。
IMGP8289.jpg

またまた
つづきます。

寄り道帰省してきました(その3 犬山城) [旅行]

ホテルでしっかり休んだあとは
台風11号のなか再び移動です。
一日持ってくれよ~。
IMGP8004.jpg

お世話になった
ホテルサンルートプラザ。
IMGP8009.jpg

名鉄名古屋駅へ。
向かいのホームの庇部分に乗るこちらのホームの車両の情報が記載されているんですね。
これは見やすい!
IMGP8011.jpg

一路犬山駅へ。
車内はガラガラです。
ここで昨日の雨でやられた靴の異臭がひどいのでクロックスに履き替えました。
IMGP8012.jpg

30分ほどで犬山駅に到着。
IMGP8014.jpg

城下町は黒塀で保存されており、
落ち着いた雰囲気でした。
IMGP8021.jpg

台風の風、雨が時折激しくなってきており
人はほとんど歩いていません。
IMGP8022.jpg

電気のメーターも黒色です。
徹底してますね。
IMGP8024.jpg

20分ほど歩くと犬山城へ。
入城料は500円。
IMGP8029.jpg

撮影ボランティアと書かれた黄色いジャンバーのおじさんから
撮影してもらいました。
IMGP8035.jpg

入口で傘を預けたら
鍵にこんなキーホルダーが付いていました。
IMGP8080.jpg

いよいよ入城。
しかし城の入り口からこれ。
壁のように立ちはだかる階段です。
這いつくばるようにしないと上がれません。
IMGP8037.jpg

内部は当時のまま保存されており
さすが国宝です。
急な角度の階段をはじめとし、当時の様子がうかがえます。
IMGP8040.jpg
IMGP8074.jpg
IMGP8066.jpg
IMGP8063.jpg

天守閣を支える心柱。
IMGP8068.jpg

風がひどくなってきたので
係の方が木の窓を閉め始めていました。
IMGP8043.jpg

天守閣の最上層階へ。
IMGP8052.jpg

2方にしか窓は無く、
片方は既に雨がひどくなってきたので閉められていました。
IMGP8054.jpg

国宝の証です。
IMGP8057.jpg

テラス?に出てみました。
ボランティアの方が丁寧に説明をしてくれました。
IMGP8044.jpgIMGP8045.jpg

帰りは土砂降り!
犬山駅までの間は傘がなんどか壊れるかと思う暴風。
もうびしょびしょです。

今度は再び名鉄に乗り
南方面へ。
IMGP8081.jpg

名和駅前で開業しているお友達のところへ。
スーパーサイクル。
台風の中お疲れ様です!
IMGP8089.jpg

名古屋に別れを告げ、
今度は一路大阪に向かいます。
特急が運休になっていたので急行でのんびり行きます。
IMGP8099.jpg

あ、津だ。
IMGP8098.jpg

途中で特急が復活したとの情報があり
乗り換えて難波まで行きました。
IMGP8110.jpg

そして大阪入り。
エネルギーに圧倒されます。
このビルすごい・・・。
IMGP8112.jpg

松竹。
IMGP8115.jpgIMGP8118.jpg

道頓堀。
IMGP8114.jpgIMGP8122.jpg

グリコの看板、(5代目?)
今月を最後に新たに建て替えられます。
IMGP8130.jpg

心斎橋とユニクロ。
聞こえてくる関西弁、そして派手派手ないでたちの若者たち
物珍しいおのぼりさん状態でした。
IMGP8131.jpgIMGP8134.jpg

おお、自転車道路が整備されている・・・。
IMGP8139.jpg

そしてホテルに。
疲れました・・・。
IMGP8144.jpg

つづく。


寄り道帰省してきました(その2 名古屋市内) [旅行]

名古屋城を満喫した後は
ふたたびメーグルへ。
ココで痛恨のミス。
逆方向に乗ってしまい、名古屋駅に逆戻りしちゃいました・・・。
IMGP7922.jpg

気を取り直してリセット。
今度のボランティアさんは男性でえらく早口。
停車時間中もしゃべりまくりですごい知識量でした。

向かった先は市政資料館
1922年に建造されています。
IMGP7932.jpg

内部入るとすぐに大階段。
IMGP7936.jpg

上がるとホールになっています。
さらに上がると美しいステンドグラスが。
IMGP7938.jpg

ホールの様子です。
IMGP7941.jpg
IMGP7949.jpg

外観模型。
このような回廊形式になっています。
IMGP7944.jpg

会議室も当時の重厚な状態を保っています。
IMGP7945.jpg

あめ細工のような石の手すり。
IMGP7950.jpg

外は雨が降り続いていましたが
建物の内部はシーンとして安らぐ空間でした。
外でパチリ。
IMGP7954.jpg

続いて雨の名古屋を歩きます。
河村たかし市長の名古屋市役所
IMGP7957.jpg

昭和8年竣工。
登録有形文化財に指定されています。
特徴的な帝冠様式の頂部は足場が掛けられており補修中でした。
IMGP7961.jpg

そして隣にある愛知県庁舎
IMGP7964.jpg

昭和13年竣工。
こちらも帝冠様式。
登録有形文化財に指定されています。
IMGP7965.jpg

2棟並べてぱちり。
IMGP7969.jpg

愛知県庁大津橋分室
IMGP7974.jpg

街中にはこんなうっそうと茂った御濠。
いまはありませんが線路もあったそうです。
IMGP7971.jpg

名古屋テレビ塔
高さ180mあります。
航空法で定められた赤白塗り分けがされておらず、全面銀色なのが特徴。
登りたかったのですが雨がひどいのであきらめました。
IMGP7980.jpg

塔の足元です。
敷地内や塔の内部には
レストランやイベントスペースが入っていました。
IMGP7981.jpg

オアシス21。
コナン展が行われていました。
IMGP7984.jpg

腹が減っては・・・
ということでひつまぶしを食べに
松坂屋の10階にある『あつた蓬莱軒』へ。
ところが15:00すぎだというのに90分待ち!!!(;゜Д゜)!!

あきらめて味噌煮込みうどんの
山本屋本店』に行きました。
IMGP7991.jpg

名古屋コーチンのネギまに
IMGP7992.jpg

無料で漬物が付いてきます。
お代わり自由。
IMGP7989.jpg

そして再びメーグルに乗って
ホテルにチェックインです。
IMGP8001.jpg

雨の中歩き続けて靴はびしょびしょ。
どぶ川のような臭いが漂ってます(笑)
下水があふれてたのかな??

つづく。


寄り道帰省してきました(その1 名古屋城) [旅行]

夏季休暇が終わってしまいました・・・。
今回はちょっぴり長く休みをもらえたので
帰省する途中に寄り道してきましたのでご報告♪

生まれて初めて乗った夜間高速バス。
IMGP7793.jpg

3列シートをチョイスしたのですが
中は狭い!!!
前の人が座席を倒すと膝に食い込んで全く動けません・・・。
IMGP7790.jpg

外の景色は見えないし
ちょっと体にこたえる6時間でした。

着いた先は名古屋
駅前の超高層ツインタワービルが迫ってきます。
IMGP7801.jpg

東京モード学園のスパイラルビル。
IMGP7805.jpg

再開発が盛大に行われていました。
IMGP7804.jpg

地下街に行き名古屋名物のコメダコーヒーに。
IMGP7798.jpg

システムがよくわからなかったので
サンドイッチを頼みました。
IMGP7799.jpg

後でわかったんですが。
ドリンク頼むとトーストが付いてくるんですね。

腹ごしらえが出来た後は
駅前から名古屋市内を循環している『メーグル』というバスに乗りました。
1日乗り放題券で500円。
IMGP7807.jpg

これは優れもの。
一番前の座席にボランティアの方が座っていて
名所名所をマイクで説明してくれるんです。
9:30の始発に乗ったんですが元気なおばちゃんがご担当でした。
IMGP7808.jpg

午前中は20分間隔
午後は30分間隔で運行しています。
IMGP7809.jpg

まず最初に行ったのは名古屋城。
メーグルのカードを見せると500⇒400円になります。
IMGP7812.jpg

お濠には鹿!
昔は数十頭いたそうですが今はこの2頭のみ。
IMGP7826.jpg

入るとすぐに巨大なその姿が目に飛び込んできます。
IMGP7816.jpg

以前は国宝に指定されていたのですが
第2次世界大戦で残念ながら消失。
IMGP7917.jpg

巨大な天守閣のシャチホコを避難させるために組んでいた足場に
焼夷弾の火が燃え移り一気に天守閣は燃え尽きたそうです・・・。
(写真はwikipediaより)
Burning_Nagoya_Castle.jpg

こちらもありし日の姿。
手前は本丸御殿です。
IMGP7824.jpg

建て替えられた天守閣は
昭和34年に造られた鉄筋コンクリート製ですが
既に数十年分の外壁の汚れが付着してなかなか重厚感があります。
IMGP7829.jpg

名古屋市の調査により
戦災消失前の詳細な図面があったため
天守閣の正確な復旧が出来たそうです。
IMGP7837.jpg

入口がこちら。
IMGP7836.jpg

内部は残念ながら
博物館状態。
IMGP7850.jpg
IMGP7838.jpg
IMGP7847.jpgIMGP7848.jpg

このような螺旋階段で
天守閣の一番上に上がります。
IMGP7861.jpg

構造は7階建てです。
エレベーターも設置されています。
IMGP7873.jpg

最上階の天井。
IMGP7871.jpg

見晴らしは最高!
IMGP7863.jpg

すずめが♪
IMGP7868.jpg

続いて
現在復原中の本丸御殿に行きました。
戦災焼失前の姿と現在の姿の比較です。
IMGP7913.jpgIMGP7907.jpg

襖絵など1000点を超える美術品は
無事に疎開が間に合い難を逃れているそうです。
IMGP7914.jpgIMGP7888.jpg

復元・模写された室内の様子。
フラッシュはNG。
学生ボランティアが一生懸命説明してくれました。
IMGP7884.jpgIMGP7896.jpgIMGP7898.jpg

外に出ると巨大な清正石。
本来ここは黒田長政の受け持ち範囲だったそうですが
石造りが得意な加藤清正が担当したそうです。
現在は古写真に写っている門はありません。
IMGP7912.jpgIMGP7905.jpg

ホントはもっとじっくりと見たかったのですが
雨が降り続くなか次の目的地へ
お城を後にしました。

つづく。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。